トップのコミットが鍵になる!?健康経営成功の秘訣とは

    2017年12月7日(木)に開催された<働き方改革と健康経営の共通項! 注目ワードプレゼンティーイズムから考える労働損失と事例>の様子を、5回にわたってお送りしています。第4回となる今回は、「健康経営における人の巻き込み方」について語られたセッションの様子をお送りします。

    健康経営に取り組む際に、課題となってくるのが、いかに社内の人を巻き込みながら進めていけるかということ。DeNAやJINSではどのように人を巻き込んで施策を実施しているのでしょうか

    【登壇者】

    (スピーカー)
    株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA) CHO室室長代理
    平井孝幸氏(健康経営アドバイザー)、株式会社ジンズ 管理本部総務人事グループ マネジャー
    堀友和氏(集中をコンセプトしたワーキングスペースThinkLab担当者)

    (モデレーター)
    株式会社OKAN 沢木 恵太
    代表取締役CEO

    働き方改革と健康経営の共通項!注目ワード“プレゼンティーイズム”から考える労働損失と事例 レポート
    第1回:健康は福利厚生ではなく投資対象。そしてDeNAがプレゼンティーイズムにこだわる理由
    第2回:「会社を病院にはしない」社員のパフォーマンスに投資する真の健康経営とは
    第3回:DeNA、JINSが示す健康経営の具体的施策をうまく回す成功法

    オフィスコンビニ型の健康社食の導入増加中!  1品100円で、24時間いつでも食事を提供できる「置き型社食︎のオフィスおかん」。  普段の食事補助だけでなく、人材定着、従業員満足度向上などの目的で全国で導入されています。 「オフィスおかん」の詳細をみる

    周囲の巻き込み方がポイント

    沢木恵太氏(以下沢木) 2社とも健康経営の施策を自社で推進されていると思うのですが、一般的に健康経営を推進しようとすると「社内に浸透しない」、または「経営陣がコミットしてくれない」という課題があるのではないかと思います。そこについてお二人にお聞きしたいのですが。

    まずは平井さん。DeNAはトップの巻き込み方がうまいように見えます。CHO室は南場さんがトップで、実際の運用は平井さんが行っているんですよね。この体制はどのような流れでできたのでしょうか。

    平井孝幸氏(以下平井) もともとCHOという役職を知ったのは、横浜市のCHO構想を聞いたことからでした。そこからDeNAでもCHO室を作ろうということになりました。ただCHO室を作っても社内で存在感がなければ、健康経営を推進していくことは不可能です。社内で存在感を高めるには組織のトップである南場がCHOに適任だと考え、話を持っていったという流れです。

    沢木 南場さんはどういった反応をされましたか?

    平井 当時は健康経営やCHO自体、一般には知られていないない言葉でしたので、良い返事はもらえませんでした。

    沢木 そうなんですね。笑 でも最終的には南場さんも必要だと判断されたのですよね?

    平井 そうですね。かなりしつこく食い下がりました。最終的には、会社としてヘルスケア事業やっているのなら、社内に目を向けるべきと説得を行い、「じゃあやろう」という経緯です。

    沢木 そんな苦労があったんですね。次は堀さんにお聞きします。JINSではどのような体制で施策を実施されているんでしょうか。

    堀友和氏(以下堀) 取り組んでいるのは社内に何部署かありまして、私はその中の一つである総務人事グループにいます。

    沢木 複数の部署が関係しているのですね。関係部署が多くなると、全体の方向性を揃えたり、ゴールを決めたりするのに苦労しそうですが、いかがですか。

    堀 おっしゃる通りです。複数の部署をまたぐと、人それぞれ意見が異なるため、意識のすれ違いや議論が生まれます。ただこの議論はあって仕方ないことですよね。まず個人で考えたものを共有し、何度も議論を行い方向性やゴールを決めていきます。泥臭いですがこれの繰り返しでしか目線は合わないと感じています。

    沢木 お話を聞いていて、大事だなと思う点が2点ありました。実は社内施策がうまくいっている会社とそうでない会社の差はわかりやすい点についてです。

    1つは意識が高い人を巻き込むことです。推進者一人でどうにかしようということではなく、チームで動かそうとしている会社はパワーがあって何らかのアクションにつながっているなと思います。どうしても大きな企業の中で進めるにはパワーがいるので、部署にかかわらず意識の高い人を巻き込んでいくことが必要ですね。

    2つ目がいかにトップを巻き込み、コミットしてもらうかですね。これは非常に難しい部分ですが、トップがコミットすると社内での存在感が一気に高まり、全社的な優先順位が上がるんです。その点でDeNAはとてもいい参考になりますね。

    平井 一つだけ追加してもいいですか?僕が今の2点に付け加えて重要だと思うのが、従業員目線です。これがないと良かれと思った施策でも、従業員には響いていないことが多々あります。DeNAでも施策を打ったのはいいものの、20代の社員からする「うざい、意味ない」と思われていたこともありました。直近の課題と、従業員が何を求めているかを把握して、その人たちがストレスを感じないように進めてくことがすごい大事だと思っています。

    沢木 “うざくない”と”辛気臭くない”がキーワードですね。今の話をまとめると、健康経営を推進するためには、まずいかに意識の高いメンバーを巻き込んでいくか。そしてある程度形になってきたらトップにコミットメントしてもらう。そして最後に、施策を打つ際には従業員目線で実施し、全社を巻き込んでいくことが重要ということではないでしょうか。

    編集部おすすめ無料eBook  「明日からイキイキとした職場を作る!健康経営のすすめ」  2021年度健康経営の認定を取得したい企業の担当者の方必見!      * 健康経営のメリット   * 健康経営への具体的なステップ   * 健康経営銘柄、健康経営優良法人制度の 評価基準   * 具体的なアクション例  等をわかりやすく一冊にまとめました! お役立ち資料を無料ダウンロード

    メールマガジン登録はこちら

    週に1度、最新情報をまとめてお届け!

    • 働き方に関する最新トレンド 
    • オウンドメディア「おかんの給湯室」の最新記事 
    • OKAN主催のセミナーレポート
    • 健康経営や従業員満足度向上などのトレンド

    個人情報の取扱い

    プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせ下さい。