コロナ禍で再注目されるウェルビーイング | 評価基準、企業事例を紹介

    昨今、人材確保が企業の課題となるなか、経営の重要指針として「従業員の健康」が意識され始めています。

    従業員が企業に定着し働き続けるためには「心身の健康」が良好に保たれることが大切。そこで注目を集めているのが「ウェルビーイング(well-being)」という概念です。

    労働者のモチベーションアップ・生産性向上につながるウェルビーイングは、今後企業にとって必須の取り組みとなるでしょう。

    本記事ではウェルビーイングの概念をはじめ、世界での捉えられ方、企業の取り組み事例まで解説していきます。

    オフィスコンビニ型の健康社食の導入増加中!  1品100円で、24時間いつでも食事を提供できる「置き型社食︎のオフィスおかん」。  普段の食事補助だけでなく、人材定着、従業員満足度向上などの目的で全国で導入されています。 「オフィスおかん」の詳細をみる

    ウェルビーイング(well-being)とは?

    「ウェルビーイング(well-being)」とは、個人またはグループが、身体的、精神的、社会的に「良好な状態」にあることを指す概念です。

    具体的には、個人それぞれの権利・自己実現が適切に保障されながら、身体的にも、精神的にも、社会的にも良好である状態を指します。世界保健機関(WHO)憲章の全文において、「健康」の定義について以下のように記載されています。

    Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
    健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)
    引用元:公益社団法人 日本WHO協会|健康の定義について

    ウェルビーイングはビジネスシーンで使われるキーワードであると同時に、社会福祉においても使われている考え方です。疾病などを持つ社会的弱者に対し、最低限の生活保障だけにとどまらず、人としての尊厳を確保し生活のクオリティを保つために必要な概念だとされています。

    ウェルビーイングは「幸福」と翻訳される場合もあり、人が健全な状態であることがすなわち「幸福」だと読みかえられるということでしょう。

    ウェルビーイングを構成する5つの要素

    アメリカに本社を置く世論調査及びコンサルティングを行うギャロップ社は、ウェルビーイングを構成する要素をこの5つに定義しました。

    Career Wellbeing(キャリア ウェルビーイング)

    キャリアの幸福です。しかしこれは、仕事におけるキャリアとは限りません。自分の人生における、仕事・子育て・家事・趣味など、一日を多く費やしているものという位置づけです。

    Social Wellbeing(ソーシャル ウェルビーイング)

    人間関係において、どれだけ幸福をもたらす関係性を築けるかです。量ではなく、信頼と愛情がある強い関係性があるかが重要です。

    Financial Wellbeing(ファイナンシャル ウェルビーイング)

    経済的な幸せを意味します。報酬が得られる手段をもっているか、自分の資産を管理・運用できているかとなっています。

    Physical Wellbeing(フィジカル ウェルビーイング)

    身体的な幸福を指します。体だけでなく、心も健康な状態であるか。日々の生活や仕事においてポジティブな感情をもって動けているかで判断できます。これは、長時間労働や職場環境や、休日のありかたなど、企業からのインパクトも大きく、メンタルヘルスの代表的な一例です。

    Community Wellbeing(コミュニティ ウェルビーイング)

    住んでいる地域のコミュニティ形成の要素もありますが、Social Wellbeingにおける身近な関係性や、企業でのコミュニティ形成の意味合いもあります。

    ウェルビーイングがなぜ今注目されているのか

    ウェルビーイングに注目が集まった背景には、昨今の国内情勢が大きく関連しています。ここでは、5つの理由を紹介します。

    労働力減少による人材不足

    日本経済は戦後の高度成長期を経て、大きく発展してきました。そんななか労働者の健康管理は、あくまで「健康が損なわれないように、病気などにならないように」という考え方が定着していました。

    当時は労働者の「健康管理はコストである」と考えられていたものの、昨今では「労働者を守り、投資するものである」という健康経営を重視する意識の変化が生まれてきています。企業に貢献する人材を大切にし、安心して働ける環境づくりのためにも、ウェルビーイングが重要だといえるでしょう。

    働き方改革の推進

    また現在、労働力は減少する一方で求人数は増加の傾向にあります。長らく定着していた「終身雇用制」から、それぞれの労働者が「自分らしく働ける環境」の選択肢が多様化しているのが現状です。

    給与が高ければ優秀な人材が集まるという単純な採用活動では、もはや人材が集まらない状況でもあります。ウェルビーイングに取り組むことで、労働者が働きやすい環境づくりに寄与し、結果として人材の確保につながります。

    多様な価値観の容認

    昨今、差別のない働きやすい環境を整える「ダイバーシティ」促進にますます注目が集まっています。

    時代の変化により働く上での価値観が多様化するなか、従業員が心身ともに健康であることを重視する企業が増え、より一人ひとりのウェルビーイングが尊重される社会への変化を後押ししていると考えられます。

    SDGsの一部に

    SDGsとは、2015年の国連総会で採択された2030年までの持続的な開発目標のことで、いまや企業の取り組みの有無は求職者にとって企業を選ぶ決め手ともなっています。

    その3番目の項目「GOOD HEALTH AND WELL BEING(すべての人に健康と福祉を)」においても明記されており、SDGsの目標として企業がウェルビーイングに取り組む必要性があることが分かります。

    メンタルヘルス対策

    厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針(メンタルヘルス指針)」では、職場でのメンタルヘルス対策が重要であることが示されています。

    従業員の健康を守ることは企業の社会的責任でもあるため、ストレスチェックや職場環境の改善を通じて、ウェルビーイングを考えなければなりません。

    関連記事
    職場のメンタルヘルス対策 | 4つのケアポイントと具体的な施策を解説

    ウェルビーイングの満足度が高い国は?

    企業がウェルビーイングに取り組むことは、労働者の企業への貢献度、企業の成長・発展に大きく期待できるとして、日本に限らず多くの国が注目しています。

    福利厚生の一環として食事補助「チケットレストラン」を提供しているエデンレッドの子会社バークレーバウチャーズが「2016 年度 Edenred-Ipsos Barometer調査」にて、世界におけるウェルビーイングに関する調査を行ないました。

    世界15カ国・14,400人を対象としており、ウェルビーイングに対して満足度が88%と1位だったのはインド。全体的には71%である一方で、日本は44%と最下位となっています。14位のイタリアは63%であり、日本がいかにウェルビーイングの満足度が低いかということが顕著にあらわれています。

    出典:バークレーヴァウチャーズ、世界における職場でのウェルビーイング に関する「2016 年度 Edenred-Ipsos Barometer 調査」

    この調査において、10項目ピックアップし「職場環境」「仕事へのモチベーション」「上司からの配慮」の3要素にカテゴリー分けしています。それぞれの回答結果において、日本は職場環境において比較的点数が高いことがうかがえるものの、仕事へのモチベーションにおいて低いのが特徴です。

    一方で1位だったインドをはじめ、メキシコ・ブラジル・チリといったランキング上位の国は、すべての項目で高い点数となっています。なかでも仕事へのモチベーションにおいて高評価であり、日本とは逆の結果が出ているのは注目すべき点です。

    近年ウェルビーイングで注目を集める国

    近年ではオランダがウェルビーイングで注目を集めています。生活環境がよく、働きやすく、生活しやすい国ともいえるオランダ。一方で国土が広大であるものの、人口は日本の7~8分の1です。

    各地域に散らばる優秀な人材を確保し、長く働いてもらうため、ウェルビーイングに取り組む企業が増えています。なかでも注目したいのが、金融・保険業界です。

    もともとオランダは環境保護に対して積極的な国でもありました。地球にやさしく、人にやさしい考え方・技術・建物などが数多く存在することも影響し、ウェルビーイングにも自然と注目するに至ったのでしょう。

    ウェルビーイングの評価方法

    良い組織をつくる概念として、ウェルビーイングが有効だとしていますが、労働者がウェルビーイングな状態にあるかどうかを評価するには、大きく以下の3つの要素を用います。

    ・生活評価
    ・ポジティブ体験
    ・ネガティブ体験

    ポジティブ・ネガティブ体験については、単純にどういった体験をしたのかを質問します。それぞれ3つの観点から質問し、ウェルビーイングかどうかを評価することで、その企業に何が足りないか、どこを改善すべきかが明らかになってきます。

    質問内容は、例えば「あなたは幸せですか?」と聞くのではなく、「よく眠れましたか?」「明るい話題はありましたか?」「やさしく接してもらえましたか?」などの質問項目でチェックします。

    先述したように、幸福度はそれぞれの国・地域によって感じ方が異なるとともに、言葉そのものの意味もまったく同じではありません。そのため、幸福度をはかる指標にはさまざまな種類が存在します。

    アメリカの心理学博士セリングマンの「PERMAモデル」や心理学者タル・ベン・シャハー博士の「SPIREモデル」などがウェルビーイングの度合いを測る指標として用いられています。

    ウェルビーイングに取り組む企業の事例

    ではここで、実際にウェルビーイングに取り組むにあたって参考にしたい、企業の好事例を紹介します。既に行われている取り組みをもとに、自社で実施するためのヒントを見つけましょう。

    健康経営に社内新規事業として取り組む|SMN株式会社

    ソニーグループであるSMN株式会社は、「健康経営」を目的とするのではなく個人のサポートを目的とした、個人のWellbeing醸成に取り組んでいます。

    「身体」「心」「食」とそれらを支える「環境」で健康フレームを作り、各フレームに当てはめる形で施策を実施。職場における心理的安全性を高める施策も行うことで、「個人のシアワセ」サポートに繋がっています。

    また、リモートワーク下で勤務体制が変わってからも、健康推進施策として「オフィスおかん仕送り便」を利用。自宅まで健康的なお惣菜を届けるなどの従業員支援が行われています。

    関連記事
    健康経営は社内新規事業と同じ。SMNが取り組むウェルビーイングの醸成

    経営課題として健康を管理|株式会社デンソー

    株式会社デンソーでは、「一人ひとりに、ウェルビーイングな日常を」というビジョンのもと、重要な指標として扱うとともに率先してウェルビーイングに取り組んでいます。

    従業員の健康のための具体的な行動指針を設定し、各現場に「健康リーダー」を置くなど、積極的な取り組みを促しています。そうした継続的な施策が評価され、健康経営に取り組む企業を評価する、「ホワイト500」の認定を5年連続で受けるなど、施策の効果が表れています。

    健康経営に関する認定歴

    『健康経営優良法人』2017、2018、2019、2020、2021 大規模法人部門(ホワイト500)

    関連記事
    ホワイト500とは?ブライト500との違いや、認定基準や申請方法を解説

    ウェルビーイングをもとにした空間づくり|株式会社イトーキ

    株式会社イトーキでは、従業員の生産性やエンゲージメント向上のため、ウェルビーイングの概念に基づくオフィス空間をつくり出しています。

    同社オフィスXORKには、快適・安全・健康への配慮度合いをはかる「WELL Building Standard(WELL認証)」とよばれる空間品質基準が導入され、高評価のゴールドレベルを獲得するなど、職場環境からウェルビーイングに取り組む姿勢が見られます。

    健康経営に関する認定歴

    『健康経営優良法人』2017、2018、2019、2020、2021 大規模法人部門(ホワイト500)

    KPIに社員の健康状態を設定|味の素株式会社

    味の素株式会社では、「味の素グループ健康白書」において心身ともに健康な状態を目指すため、従業員の健康状態をKPIに設定しています。

    受動喫煙対策や生活習慣予防といった従業員のセルフケアに関わるものから、メンタルヘルス対策、スマホアプリでの健康管理といった企業側のアプローチまで、さまざまなかたちで積極的にウェルビーイング実現に取り組んでいます。

    健康経営に関する認定歴

    『健康経営優良法人』2017、2018、2019、2020 大規模法人部門(ホワイト500)
    『健康経営銘柄』2017、2018、2019、2020、2021

    従業員の主体性を育てるプロジェクト推進|株式会社丸井グループ

    株式会社丸井グループでは、企業文化として創業当時から健康経営に取り組んできた歴史があります。

    ウェルネス推進部およびCHO(健康管理最高責任者)が先導し、各部署で従業員が自ら手を挙げて健康経営に取り組むプロジェクトを推進しています。「ビジネスを通じた幸せの実現」というコンセプトを掲げ、しあわせを経営課題とした「ウェルネス経営」を実践しています。

    健康経営に関する認定歴

    『健康経営優良法人』2017、2018、2019、2020、2021大規模法人部門(ホワイト500)
    『健康経営銘柄』2018、2019、2020、2021

    従業員のウェルビーイングを実現する健康経営

    ウェルビーイングは、世界各国で注目を集めている取り組みのひとつ。働き方改革が本格的に進む日本でも、重視していきたい課題です。

    「この職場で働き続けたい」「毎朝、出勤するのが楽しみ」といった意識へ改善していくには、従業員が働きやすい環境作りや健康経営、利用しやすい福利厚生を提供していくことが必要となってくるでしょう。

    編集部おすすめ無料eBook  「明日からイキイキとした職場を作る!健康経営のすすめ」  2021年度健康経営の認定を取得したい企業の担当者の方必見!      * 健康経営のメリット   * 健康経営への具体的なステップ   * 健康経営銘柄、健康経営優良法人制度の 評価基準   * 具体的なアクション例  等をわかりやすく一冊にまとめました! お役立ち資料を無料ダウンロード

    メールマガジン登録はこちら

    週に1度、最新情報をまとめてお届け!

    • 働き方に関する最新トレンド 
    • オウンドメディア「おかんの給湯室」の最新記事 
    • OKAN主催のセミナーレポート
    • 健康経営や従業員満足度向上などのトレンド

    個人情報の取扱い

    プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせ下さい。