「11ヵ月働いて1ヵ月休む」福利厚生がすごい。ワヴデザイン株式会社の長期休暇制度

    目次

    みなさんの会社は長期休暇が取れる会社ですか?会社によっては長期の休暇が取りにくいという雰囲気の会社が多いでしょう。そんな中、ワヴデザイン株式会社には、1ヶ月間の長期休暇制度が存在します。今回はその休暇制度についてご紹介します。

    オフィスコンビニ型の健康社食の導入増加中!  1品100円で、24時間いつでも食事を提供できる「置き型社食︎のオフィスおかん」。  普段の食事補助だけでなく、人材定着、従業員満足度向上などの目的で全国で導入されています。 「オフィスおかん」の詳細をみる

    11ヶ月働いて1ヶ月休む会社

    みなさんは「もし1ヶ月も休みがあったら何をしますか?」趣味、旅行、家族との時間など人それぞれでしょう。しかし社会人になると1ヶ月の休暇をとることはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。しかしそれが可能な会社が日本にはあります。それがワヴデザイン株式会社です。同社は「11ヶ月働いて1ヶ月休む会社」という日本では異色な会社です。

    1ヶ月で何をするか

    ワヴデザイン株式会社では2012年より、11ヶ月働いて1ヶ月休む、という制度をスタートさせました。

    公式HPには

    旅行に行ってもいい

    語学留学をしてもいい

    習い事をしてもいい

    趣味に費やしてもいい

    希望であれば、他の企業で働くこともできます。

    <出典>ワヴデザイン株式会社「11ヶ月働いて1ヶ月休む会社」

    と書かれています。この文面で通り社員は1ヶ月休暇をとって様々なことに挑戦しているようです。しかし1ヶ月休んでいいよと言われても何をしようか迷ってしまう。ワヴデザイン株式会社では1ヶ月休暇をとった社員は仕事復帰後、休暇中何をして過ごしたか発表しなければならない。こうすることで競争心に火がつき、1ヶ月有益に過ごすのだという。

    なぜ1ヶ月休むのか

    1ヶ月もあれば、普段はできないことに思い切って挑戦できます。ワヴデザインは小さな会社なので、メンバーが1ヶ月も休んでしまうことは正直大変です。しかしそれでも挑戦したのは、メンバーにはさまざまな経験をしてほしいから。より多くの経験(インプット)をして、より良いデザイン(アウトプット)をする。そしてより良い仕事をして、充実した人生を送る。

    このような思いからワヴデザイン株式会社では1ヶ月休暇を認めています。つまり休暇中のインプットが業務に良い影響を与えるということですね。たしかに最近は長期休暇を認める企業も増えてきました。

    長期休暇制度のメリット

    自分の時間を楽しめる

    週休2日で働いていては、週末は飲み会や疲れを取るための睡眠に時間を取られ、自分の時間を楽しむ機会は限られてしまいます。とくに旅行など長期間かかる趣味を持っている方は一年に1回行けるかどうかでしょう。そのため長期休暇があると、休むだけでなく自分の好きなことに時間を使うことができます。

    深く考える機会になる

    長期休暇の間は、業務から離れるよい機会です。毎日業務していては気づけないことなどにも気づくことができるかもしれません。また旅行など新しい出会いを得ると、社内にはない考え方に触れることができます。

    不正を防ぐことができる

    長期休暇制度があると、休暇中は周りが協力して業務を負担することになるので、不正しにくい状況になります。業務内容が共有されることで引き継ぎがしやすく、業務の属人化を防ぎます。全社員に休暇を義務付けることで不正リスクは大幅に軽減するでしょう。

    他の企業でも真似できるのか

    ワヴデザイン株式会社では、1ヶ月休暇制度をうまく使っているようです。しかしこれを単純に真似してもうまくはいかないでしょう。1ヶ月休暇を行うにあたり、問題なのは業務の引き継ぎです。1ヶ月も担当者がいないという事態は会社として避けなければなりません。よって担当者が休暇中は、他の社員が業務を引き継がなければならない。そして復帰後は、業務進捗などの共有を行う必要もある。1ヶ月休暇による手間を考えて制度を作らなければならないでしょう。

    まとめ

    1ヶ月休暇をとることで良質なインプットができ、業務に良い影響を与えることになります。しかし引き継ぎにかかる手間があることも忘れてはいけません。なので担当者として1ヶ月ではなく、1週間など短い期間で試験的に試してみる価値はあるかもしれませんね。

    編集部おすすめ無料eBook  従業員満足度を高める 福利厚生ガイドブック   * コロナ以後、福利厚生をどう設計すればよいか   * 従業員満足度を高める福利厚生の視点   * ⾃社にあった福利厚⽣を導⼊するポイント お役立ち資料を無料ダウンロード