成功企業に習う!|働き方改革事例集|メリット・助成金・サービス紹介

    公開日 :

    更新日 :

    目次

    労働人口の減少に伴い、日本全体の国力・生産力の低下は避けられない問題です。

    政府としても働き方改革を推進することで、労働力の維持・向上を期待しています。一方で、働き方改革について「結局何も変わらない」「かえって負担が増えた」などのネガティブな意見を耳にすることもあるのではないでしょうか?

    働き方改革について賛否両論が入り混じる中、「企業内で働き方改革を推進していきたい」と、課題を抱える立場にある企業の人事・労務・働き方改革推進者の方々へ向け、従業員満足度・従業員のパフォーマンスの向上・健康経営®︎まで、様々な効果をあげた事例を紹介します。

    また、働き方改革の事例を理解する上で押さえておきたい改革の背景や取り組みのメリット、推進の際に検討したいサービスなどをまとめました。

    ※「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

    オフィスコンビニ型の社食の導入増加中!  1品100円※で、24時間いつでも食事を提供できる「置き型社食︎」のオフィスおかん。  普段の食事補助だけでなく、人材定着、従業員満足度向上などの目的で全国で導入されています。    ※100円は想定利用価格です。 ※「置き型社食︎」は株式会社OKANの登録商標です。   「オフィスおかん」の詳細をみる

    働き方改革が推進される背景

    まず、働き方改革が推進されている背景について見ていきましょう。

    内閣が働き方改革を推進しなければならない理由

    働き方改革が推進される背景にあるものは何でしょうか? 一言でいえば「人口減少が進む中で労働生産性を上げる必要がある」からだといえます。

    首相官邸のWebサイトには、働き方改革について以下のように記載されています。

    「働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。」

    出典:「働き方改革の実現」(首相官邸ホームページ)(https://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html)(2023年10月13日に利用) 

    近年、少子高齢化や人口減少により、労働人口が減少しています。パーソル総合研究所による「労働市場の未来推計」によると、2030年には644万人の人手不足」となると予測されています。

    (参照:株式会社パーソル総合研究所「労働市場の未来推計 2030(https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/spe/roudou2030/)」『パーソル総合研究所』、参照日:2023/10/10)

    つまり、このままでは日本全体の国力・生産力の低下は避けられない問題だとして、内閣が動き出したのが「働き方改革」の背景になっているのです。

    これは企業に置き換えても同様のことがいえます。どの企業でも人不足となり、採用が難しい状況ですよね。一方で、転職市場が活発化し、以前に比べると簡単に転職ができるようになりました。企業も「働き方改革」を推進しないと労働力を維持することができず、生産力の維持・向上が非常に難しくなっています。

    だからこそ、企業としての「働き方改革」、つまり従業員の満足度や生産性向上のための取り組みが注目をされているのです。

    働き方改革が目指すものと取り組むテーマ

    なお、厚生労働省の資料によれば、「働き方改革」の目的・目指すところは以下の3つとなっているようです

    • 労働時間の是正
    • 雇用形態に関わらない公正な待遇の確保
    • 「多様で柔軟な働き方」を実現

    出典:「働き方改革 ~ 一億総活躍社会の実現に向けて ~」(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/content/000335765.pdf)(2023年10月16日に利用)

    つまり、これらを働き手の視点から見てみると、このように解釈ができます。

    • 仕事ぶりや能力の評価に納得して、意欲を持って働きたい
    • ワークライフバランスを確保して、健康に、柔軟に働きたい
    • 病気治療、子育て・介護などと仕事を、無理なく両立したい
    • ライフスタイルやライフステージの変化に合わせて、多様な仕事を選択したい
    • 家庭の経済事情に関わらず、希望する教育を受けたい

    これらは、首相官邸が出した「働き方改革を推進するための10年先の未来を見据えたロードマップ」にも記されている内容ですが、企業に置き換えても同様の視点で働き方改革推進に役立てることができるかもしれません。

    このロードマップによれば、具体的な検討テーマは下記の9つです。

    • 非正規雇用の処遇改善
    • 賃金引上げと労働生産性向上
    • 長時間労働の是正
    • 柔軟な働き方がしやすい環境整備
    • 病気の治療、子育て・介護等と仕事の両立、障害者就労の推進
    • 外国人材の受入れ
    • 女性・若者が活躍しやすい環境整備
    • 雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の充実・企業の中高年の採用
    • 高齢者の就業促進

    出典:「働き方改革を推進するための10年先の未来を見据えたロードマップ」(首相官邸ホームページ)(https://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20170328/05.pdf)(2023年10月16日に利用)

    後ほど、上記の9つの働き方改革の検討テーマから、具体的な改善事例や、改善のためのサービスの紹介などを行います。

    働き方改革のメリット

    さて、自社で働き方改革を推進するメリットとしては、どのようなものがあるのでしょうか?

    生産性の向上は、利益の向上に直結する

    企業を経営する人、企業で働く人、そして働き方改革を推進する人にとって、一番目指すべきところはここではないかと思います。働き方改革による労働者の生産性の向上は、利益の向上に直結します。やはり一番のメリットはここですよね。

    心身の健康の維持は優秀な人材のパフォーマンスを保てる

    働き方改革が推進され、心身の健康が保たれれば、優秀な人材のパフォーマンスを保つことができます。

    パレートの法則によれば、利益の80%は全従業員の20%の人が作っています。つまり企業においては、このハイパフォーマーのパフォーマンスがとても大事なのです。しかし、ハイパフォーマーには往往にして仕事の量や重さが偏りがちです。働き方改革の推進により、彼ら彼女らの心身の健康の維持に貢献することができます。

    (参照:株式会社野村総合研究所「パレートの法則(https://www.nri.com/jp/knowledge/glossary/lst/ha/pareto_princ)」『野村総合研究所(NRI)』、参照日:2023/10/16)

    優秀な人材を確保するために、職場環境が健康であることはアピールポイント

    働き方改革の推進は、採用にもメリットがあります。最近の入社面接で「職場の福利厚生」「制度・環境」についてよく聞かれることはありませんか。これまではあまりなかったかもしれませんが、職場環境をアピールできるメリットは採用において日に日に大きくなってきているのです。

    働き方改革は人材定着のために必須ともいえる

    メリット3では、採用において有利だということをお伝えしましたが、人材の確保だけではなく、人材の定着にも企業の働き方改革はメリットがあります。

    近年、各企業はそれぞれの働き方改革を推進し、様々な工夫をこらしています。そのようなニュースはインターネットを通じて発信しやすく、また目につきやすくなりました。逆に取り組みをしていないことは、人材の流出を引き起こしてしまいかねないともいえます。

    働き方改革への補助・助成金について

    働き方改革を推進する際は、国および自治体から助成金のサポートを受けることができます。代表的ないくつかの助成金と利用方法をまとめました。(※2023年10月16日時点)

    時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)

    残業時間や休日出勤を減らしたり、有給休暇を増やしたりと社員が働きやすい職場環境を作ろうとしている企業に対して一定の額の助成金が支給される制度です。厚生労働省の資料によると、以下のような受給条件があります。

    ① 労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数(年休取得日数)を4日以上増加させる
    ② 労働者の月間平均所定外労働時間数を5時間以上削減させる

    この2つの目標の達成状況に応じて助成金が出ます。達成できなかった場合でも67万円は支給されるので、ぜひ有効活用してください。

    対象企業は、厚生労働省により以下のいずれかに該当する企業と定められています。

    • 雇用する労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数が13日以下であり、かつ月間平均所定外労働時間が10時間以上であり、労働時間等の設定の改善に積極的に取組む意欲がある中小企業事業主
    • 労働基準法の特例として法定労働時間が週44時間とされており(特例措置対象事業場)、かつ、所定労働時間が週40時間を超え週44時間以下の事業場を有する中小企業事業主

    出典:「「時間外労働等改善助成金」(職場意識改善コース)のご案内」(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000202733.pdf)(2023年10月16日に利用)

    業務改善助成金

    中小企業などの生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金の引上げを行うための制度です。

    賃金引き上げ計画を策定して提出後、事業場内の最低賃金を一定以上引き上げた場合、その過程でかかった費用の一部を助成してもらえます。具体的には、生産性を向上させるための機器導入やコンサルティングサービス、研修の費用などが補助の対象です。

    対象企業は、厚生労働省により以下のように定められています。

    • 中小企業・小規模事業者であること
    • 事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が50円以内であること
    • 解雇、賃金引き下げなどの不交付事由がないこと

    出典:「業務改善助成金」(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html)(2023年10月16日に利用)

    ストレスチェック助成金

    平成27年から、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設されました。

    従業員数50人未満の事業場は当分の間努力義務となりますが、それらの企業が、医師・保健師などによるストレスチェックを実施し、また、ストレスチェック後の医師による面接指導などを実施した場合に、事業主が費用の助成を受けることができる制度です。

    対象企業は、労働者健康安全機構によって以下のように定められています。

    • 労働保険の適用事業場であること。
    • 中小事業主であること。
    • 常時使用する労働者が派遣労働者を含めて50人未満の事業場であること。

    (参照:独立行政法人労働者健康安全機構「令和4年度版「ストレスチェック」実施促進のための助成金の手引(https://roumu.com/pdf/2022040812.pdf)」、参照日:2023/10/16)

    スタートアップ労働条件、改善支援

    助成金とは少し違いますが、新しく起業した事業場に、労務管理や安全衛生管理等の基本的な知識について専門家が解説するセミナーや、専門家が事業場を個別に訪問し、適正な就業環境整備の支援をする個別支援を、無料で実施するものです。

    出典:「お役立ち・支援情報|スタートアップ労働条件:事業者のための労務管理・安全衛生管理WEB診断サイト|厚生労働省」(厚生労働省)(https://www.startup-roudou.mhlw.go.jp/info.html)(2023年10月16日に利用)

    働き方改革の成功事例

    それでは、働き方改革の成功事例をいくつか見てみましょう。

    残業チケット制(株式会社ピコナの事例)

    株式会社ピコナでは「残業チケット制」というユニークな職場環境の改善に取り組みました。その名の通り、「残業をするためのチケット」が発行され、そのチケットを使って残業するというもの。それまでは、残業が常態化していた同社ですが、時間外労働の80%が削減されたということです。

    (参照:「「クリエイターだからこそ、リア充でいてほしい」。残業時間を80パーセント削減した社長の熱い思いは、アニメ業界全体に向けられていた 第1回GOOD ACTIONアワード受賞 株式会社ピコナ(https://next.rikunabi.com/goodaction/archive/2014/06/)」『GOOD ACTION - 第10回グッド・アクションアワード(2023年度)』、参照日:2023/10/16)

    フリースケジュール(株式会社パプアニューギニア海産の事例)

    株式会社パプアニューギニア海産の「フリースケジュール」というユニークな職場環境改善事例です。なんと同社ではパートスタッフを対象に、連絡なしでいつ働いても休んでも良いといった制度を取り入れました。

    その結果、定着率が大幅に向上し、過去4年間の求人コストをかけることなく採用ができているということです。非正規雇用の処遇改善・柔軟な働き方がしやすい環境整備への取り組み事例です。

    (参照:「「自由に出勤・欠勤できる制度」で職場の争いごとをなくす!人間の本質的な感情と向き合った食品工場の大改革 第4回GOOD ACTIONアワード受賞 株式会社パプアニューギニア海産(https://next.rikunabi.com/goodaction/archive/2017/01/)」『GOOD ACTION - 第10回グッド・アクションアワード(2023年度)』参照日:2023/10/16)

    ヤングボード(ユーザックシステム株式会社の事例)

    ユーザックシステム株式会社の「ヤングボード」制度もユニークな職場環境改善事例です。同社では、若手社員が社内の仕組みを議論し経営トップに提言できる制度を作りました。提言されたアイデアは、約8割が採用されているそうです。経営改善や、若手従業員の能力向上に活かされてます。

    この制度は、若手社員の離職率が高まったことから導入されました。現在は、会社を動かしていくという貴重な経験に「ずっとこの会社で働きたい」という若手の声が多いということです。若者が活躍しやすい環境整備への取り組み事例です。

    (参照:「若者たちの発想力を、大人の経験値でフォロー! ヤングボードの会議室には、議論を見守る常務のあたたかい目が注がれている 第1回GOOD ACTIONアワード受賞 – ユーザックシステム株式会社(https://next.rikunabi.com/goodaction/archive/2014/08/)」『GOOD ACTION - 第10回グッド・アクションアワード(2023年度)』、参照日:2023/10/16)

    働き方改革をサポートするツール・サービス

    image4-Dec-07-2023-06-52-39-3664-AM

    最後に、企業の中で働き方改革を推進する上で手助けとなるであろうサポートツール、サービスについてまとめてみました。上述して「働き方改革が目指すものと、取り組むテーマ」を参考に、サポートツールやサービスをまとめています。

    柔軟な働き方がしやすい環境整備・賃金引上げと労働生産性向上・長時間労働の是正

    オフィスおかん|株式会社OKAN

    オフィスおかんは、食の福利厚生サービスとして注目を集めています。

    冷蔵庫や専用の自動販売機を設置するだけで、美味しいお惣菜をいつでも1品100円※で食べることができる全国対応の置き型社食®︎サービスです。

    提供するお惣菜は、管理栄養士が監修*し、製造パートナー企業と開発した商品や、調達パートナー企業と選定した商品です。“手軽でおいしい”と“栄養バランス”が両立した食事を摂りやすい、働く人を想った商品ラインナップで毎月のメニューを構成しています。

    *レシピ等の内容や商品の選定の監督・指示を行うこと

    食のサポートだけにとどまらず、「健康経営」「従業員の満足度向上」「社内コミュニケーション活性化」「オフィス環境改善」「女性活躍支援」「人材定着」「新卒・中途採用促進」など、企業が抱えている多くの課題を解決する新しいアプローチのツールとして業種・規模問わず多くの企業で活用されています。

    ※100円は想定利用価格です。
    ※「置き型社食®︎」は株式会社OKANの登録商標です。

    オフィスおかんの概要を知りたい方は下記の記事をチェック
    オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

    オフィスおかんをもっと知る!

    SmartHR|株式会社SmartHR

    SmartHRは、面倒な労務手続きや、情報管理をラクラク行える「クラウド人事労務ソフト」です。

    (参照:株式会社SmartHR「特徴|SmartHR(https://smarthr.jp/smarthr/)」『SmartHR』参照日:2023/10/16)

    Robo-Pat(ロボパット)|株式会社FCEプロセス&テクノロジー

    プログラマーや技術者に頼らない、システムを自動化する純国産RPAソフトRobo-Pat(ロボパット)を提供しています。

    (参照:株式会社FCEプロセス&テクノロジー「ロボパットDXに込めた想い(https://fce-pat.co.jp/concept/)」『RPA - Robo-Pat DX(ロボパットDX)』、参照日:2023/10/16)

    病気の治療、子育て・介護等と仕事の両立、障害者就労の推進・高齢者の就業促進

    LITALICO 仕事ナビ|株式会社 LITALICO

    LITALICO 仕事ナビは、働くことに障害のある方と障害者就労支援事業所をつなぐ就職情報サイトです。「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や、子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する、株式会社LITALICOが運営しています。

    (参照:株式会社LITALICO「LITALICO仕事ナビ(障害のある方の就職情報サイト)(https://litalico.co.jp/service/snavi/)」『株式会社LITALICO(りたりこ)』参照日:2023/10/16)

    eLMS|株式会社ライトワークス

    eラーニングを主軸に企業の人財育成を支援する株式会社ライトワークスは、病気の治療と仕事の両立を支援するための eラーニング教材を提供しています。がん患者は増加傾向にあり、企業の管理職の学びに一役買っています。

    (参照:株式会社ライトワークス「eLMSとは(https://www.lightworks.co.jp/elms)」『ライトワークス | エンタープライズ向けLMS(学習管理システム)』参照日:2023/10/16)
    (参照:株式会社ライトワークス「クイズで学ぶ「がん治療と仕事の両立」(管理職編)(https://content.lightworks.co.jp/contents/material/posts/cancer-treatment-and-work/)」『ライトワークス | エンタープライズ向けLMS(学習管理システム)』参照日:2023/10/16)

    外国人材の受入れ

    ランゲージワン|ランゲージワン株式会社

    日本国内の医療機関を対象として、日本語が不自由な外国人患者に円滑かつ適切に受付や診察を行うため、24時間365日対応の医療電話通訳サービスです。ランゲージワンは厚生労働省 平成29年度『医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業』の「電話医療通訳サービス利用支援間接補助事業者」に選定されました。

    (参照:ランゲージワン株式会社「ランゲージワン医療映像通訳・電話通訳サービス(https://www.languageone.qac.jp/medical/)」『ランゲージワン株式会社』、参照日:2023/10/16)
    (参照:ランゲージワン株式会社「ランゲージワンは厚生労働省 平成29年度『医療機関における外国人患者受入れ環境整備事業』の「電話医療通訳サービス利用支援間接補助事業者」に選定されました(https://www.languageone.qac.jp/20171218news/)」『ランゲージワン株式会社』、記事更新日:2017/12/18、参照日:2023/10/16)

    非正規雇用の処遇改善

    若者正社員チャレンジ事業|SWITCHみらい!(アデコ株式会社)

    若者正社員チャレンジ事業(SWITCHみらい!)は、正社員として働きたい人をサポートする、アデコの研修と企業での就業体験(実習)を組み合わせたプログラムです。

    (参照:アデコ株式会社「若者正社員チャレンジ事業(SWITCHみらい!) (https://www.adecco.co.jp/lp/fslp_02/)」、参照日:2023/10/16)

    女性・若者が活躍しやすい環境整備、雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の充実

    東京しごとセンター|東京しごとセンター

    「東京しごとセンター」(東京都千代田区)は東京都が都民の就業支援を目的に設置したもので、若者から高齢者まで年齢層別にサービスを展開しています。「女性しごと応援テラス」という女性に特化した支援窓口もあります。

    (参照:東京しごとセンター「女性再就職支援(https://www.tokyoshigoto.jp/jyosei/)」『東京しごとセンター』、参照日:2023/10/16)

    ミイダス|ミイダス株式会社

    ミイダスは、市場価値から本当のキャリアパスを見いだす転職アプリです。サイト上で、職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断します。適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、求める企業から直接オファーが届く転職サイトです。

    (参照:ミイダス株式会社「ミイダス(https://miidas.jp/)、参照日:2023/10/16)

    まとめ

    企業の中で「働き方改革」を推進する担当者にとって、ご紹介した事例から具体的なヒントは手に入りましたか? 各種データを見て分かる通り、働き方改革は大きな枠組みとしては日本の国力・生産力に関わり、企業という単位の枠組みとしては、企業の生産力の維持・成長に大きく影響を及ぼします。

    日本全体としての生産力を上げていくために、そして企業が生き残り成長していくために、本記事の内容が参考になりましたら幸いです。

    いつでも食事を提供  置き型社食︎のオフィスおかんは、47都道府県で導入済みです。  ※「置き型社食︎」は株式会社OKANの登録商標です。 ※2022年12月時点の累積導入実績   オフィスおかんのサービスを詳しくみる

    メールマガジン登録はこちら

    お役立ち情報をまとめてお届け!

    • 働き方に関する最新トレンド 
    • オウンドメディア「おかんの給湯室」の最新記事 
    • OKAN主催のセミナーレポート
    • 健康経営や従業員満足度向上などのトレンド

    個人情報の取扱い

    プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせ下さい。