「会社を病院にはしない」社員のパフォーマンスに投資する真の健康経営とは

    目次


    2017年12月7日(木)に開催された<働き方改革と健康経営の共通項! 注目ワード“プレゼンティーイズム”から考える労働損失と事例>の様子を5回にわたってお送りしています。第1回は、最近注目が集まっている“プレゼンティーイズム”について語ったセッションの様子をお送りしましたが、第2回となる今回取り上げるのは、「組織の状況を見える化する指標・仕組み」について語ったセッションです。

    働き方改革でよく耳にするのが、“組織の見える化”。具体的にどのような施策を行えば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。DeNA、JINSはどのように組織の見える化を行っているのか、組織開発を行う上でとても参考になる内容になっています。ぜひご覧ください。

    オフィスコンビニ型の健康社食の導入増加中!  1品100円で、24時間いつでも食事を提供できる「置き型社食︎のオフィスおかん」。  普段の食事補助だけでなく、人材定着、従業員満足度向上などの目的で全国で導入されています。 「オフィスおかん」の詳細をみる

     

    【登壇者】

    (スピーカー)
    株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA) CHO室室長代理
    平井孝幸氏(健康経営アドバイザー)、

    株式会社ジンズ 管理本部総務人事グループ マネジャー
    堀友和氏(集中をコンセプトしたワーキングスペースThinkLab担当者)

    (モデレーター)
    株式会社OKAN 沢木 恵太
    代表取締役CEO

    沢木恵太氏(以下沢木) 会場からいただいている質問の中に、「プレゼンティーイズム以外に組織の状況を見える化する指標や仕組みはあるのでしょうか?」というものがあります。今回のテーマはプレゼンティーイズムであり集中ですが、その他に指標や仕組みがあれば教えてください。

    平井孝幸氏(以下平井) 現時点ではそこまで重要視していませんが、一般的に健康経営で使われる指標は、健康診断の健診結果ですね。ただ、健康状態はすぐに改善されるものでもないので、昨年から取組みを始めたDeNAでは、健康意識の上昇を一つのKPIに置いています。

    具体的には、ポスター(添付データの利用いかがですか?)での啓発活動などを通して健康意識向上を促しています。これは、健康意識の向上が行動変容につながり、健康状態を改善できるということを全社に伝えるために行っている活動です。

    沢木 なるほど。確かに健康診断の結果を指標として使っている企業も多いと思うのですが、DeNAでそれを使わない理由はなんですか?

    平井 私は、会社として投資すべきところは社員のパフォーマンスだと思っています。すると、パフォーマンスと健診結果の相関はそこまで密接ではないので、健診結果は参考程度に留めています。

    私は、「会社を病院にはしたくない」と強く思っています。会社は成果を出す場所なので、成果を出す上で必要なサポートを、会社としては積極的にするべきです。なのでDeNAで行っている健康経営は、一般的に言われている、健診率向上、禁煙者ゼロ、メタボをなくすといったことを目指す健康経営とは違うかもしれません。

    健康経営は成果が見えづらいので、成果を定量的に測る指標を作り、投資する価値を示さないと、
    資金に余裕のある企業しか投資ができなくなります。つまり投資する価値を定量的に示すことは、健康経営の普及・活性化に向け不可欠だと考えています。

    沢木 確かにそうですね。次は堀さんにお聞きしたいのですが、集中と因果関係がありそうな指標などはありますか?

    堀友和(堀) 皆さん、NPS(※1)はご存知ですか?

    これは小売業ではよく使われる言葉で、簡単にいうと、顧客が商品を他の人に紹介したいくらい気に入っているかということです。

    沢木 俗にいう推奨度ですね。

     はい。弊社の場合、自分の一番大事な人を会社に紹介できるかという項目をアンケートで定期的に計測しています。この項目を計測することで、いま会社で行っている施策が社員に良い影響を及ぼしているのかどうか確認することができるんです。

    沢木 今お話ししていただいたのは、ENPS(※2)というもので、言い換えるとエンゲージメントと呼ばれる会社と社員の相思相愛度です。エンゲージメントの数値が高ければ高いほど、社員と会社の相思相愛度が高いということを示します。エンゲージメントは、動機付け要因と衛生要因の影響を受けるんです。

    みなさんのイメージだと、このエンゲージメントは、仕事のやりがいや高い給料などの動機付け要因で上がると思われるかもしれませんが、エンゲージメントは動機付け要因と衛生要因のどちらかに偏っていても上がらないと言われています。

    プレゼンティーイズムや集中は、衛生要因に影響を与えるものなので、エンゲージメントをあげたい企業にとって、十分投資する価値がある項目でしょう。

    ※1 NPSとは顧客ロイヤルティ(企業やブランドに対する愛着・信頼の度合い)を数値化する指標
    ※2 従業員ロイヤルティ(職場に対する愛着・信頼の度合い)を数値化する指標。エンゲージメントとも呼ばれる。

     

    編集部おすすめ無料eBook  「明日からイキイキとした職場を作る!健康経営のすすめ」  2021年度健康経営の認定を取得したい企業の担当者の方必見!      * 健康経営のメリット   * 健康経営への具体的なステップ   * 健康経営銘柄、健康経営優良法人制度の 評価基準   * 具体的なアクション例  等をわかりやすく一冊にまとめました! お役立ち資料を無料ダウンロード

    メールマガジン登録はこちら

    週に1度、最新情報をまとめてお届け!

    • 働き方に関する最新トレンド 
    • オウンドメディア「おかんの給湯室」の最新記事 
    • OKAN主催のセミナーレポート
    • 健康経営や従業員満足度向上などのトレンド

    個人情報の取扱い

    プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせ下さい。