スローガンとは?企業が掲げる意義と作成ポイントや事例を解説

    企業におけるスローガンは、目にすることで、顧客や利用者(消費者)などの社外へ企業の価値観を発信するという重要な役割を担っています。世間に向けてのイメージや影響もありますので、企業でスローガンを作る際にはじっくり考えてから決定するのが妥当です。

    こちらの記事では、企業スローガンを作る役割、作成ポイント、企業事例を中心に解説します。

    オフィスコンビニ型の健康社食の導入増加中!  1品100円で、24時間いつでも食事を提供できる「置き型社食︎のオフィスおかん」。  普段の食事補助だけでなく、人材定着、従業員満足度向上などの目的で全国で導入されています。 「オフィスおかん」の詳細をみる

    スローガンとは?

    スローガンの一般的な定義とは、思想や主張、目的や取り組みを短く、かつ簡潔なワードで表すことです。よく企業でもスローガンというワードが使われています。企業におけるスローガンとは、考えやビジョン、ミッションなどをシンプルな標語や合言葉で表しています。

    企業の今後の発展や動きを考える観点から、スローガンを掲げるのは、必要不可欠です。企業におけるスローガンは、従業員が「どうしてこの会社で働いているか」「この仕事をしているか」という認識しやすくなり、各々のモチベーションアップにつながります。

    ほかにも企業のスローガンは、社内だけでなく社外の人へ向けての理念やビジョンをアピールしながら、ブランド力のアップを図る役割があります。企業でスローガンを掲げる場合は、社内と社外への影響を考えながらに考える必要性があります。

    スローガンと類似の5つのワード

    スローガンと類似したワードは、次の5つです。詳細について解説していきましょう。

    企業理念

    企業理念とは、会社が最も大切にする考えや価値観のことです。

    「なぜ自分の会社が存在しているのか」「経営の目的とは何か」などといった根本的な考え方のことだけでなく、会社の方針や方向性を従業員全員が共有できるようにします。社内と社外で広く発信するスローガンとは異なり、企業理念は社内向けの狭く掲げる流れとなるでしょう。

    モットー

    モットー(motto)とは、イタリア語で言葉や座右の銘、格言(金言)を意味します。

    個人および組織における信念や行動指針などをシンプルな言葉でまとめており、個々人が常にモットーを頭にいれつつ、それに沿う形で行動をします。スローガンとモットーの相違点は、言い方を変えただけであり、内容的にはほぼ同じといえるでしょう。

    キャッチコピー

    キャッチコピーとは、「顧客満足度○○」といったニュアンスで、消費者の興味関心を持たせるような宣伝および告知のあおり文句のことを指します。

    また、キャッチコピーは、英単語の一つと認識する人もいるかもしれませんが、実は「catch(=注意を引く)」と「copy(=広告文)」の2つを組み合わせた和製英語となっています。

    タグライン

    タグラインとは、企業および組織の理念やコンセプトを表現するものであり、社外に向けてどのようなサービスを提供(展開)してるかをわかりやすいワードにして伝えるものです。

    よく企業そのものを表現するものとして使われており。企業のロゴマークや自社商品にも記載されています。

    クレド

    クレド(Credo)とは、ラテン語で約束や信条、志を意味するワードです。企業に置き換えると、従業員が常日頃から心がけるべき行動指針を指します。企業がクレドを掲げる主なメリットは、従業員の人材育成とエンゲージメントの向上などが挙げられます。

    企業がスローガンを設定する役割

    企業のスローガンはどのような役割を果たすのでしょうか。主な役割は2つです。

    社外に向けたプロモーションが円滑になる

    企業のスローガンを掲げていると、社名およびブランド名だけを文字化して提示するときよりも、相手(※ここでは社外)の興味を惹きやすくできる効果をもたらします。つまり、スローガンだけで、自社のプロモーションが可能となるということです。

    従業員のそれぞれの役割を認識し、社会へ目を向けるようになる

    スローガンを掲げることで、従業員が各々の役割を改めて認識できるようになります。「自分の普段の働きが、○○として世の中につながる」といった認識がしやすくなります。

    良いスローガンを作る際のポイント

    良いスローガンを作るには、事前にポイントを知ってから取り組む方が妥当です。主なポイントについて解説してきましょう。

    テーマとターゲットを明確化する

    スローガンを作る場合、自社にスポットが当たりやすくするよう、必ずテーマとターゲットを明確化しましょう。例えば、テーマであれば環境や未来、受験など、ターゲットであれば地域住民やサービスを利用見込みのありそうな層などがピックアップされるかもしれません。

    MVVに基づいている

    良いスローガンの定義とは、MVV(Mission、Vision、Value/使命=企業理念、目標、価値観および強み)にきちんと基づいていることです。このMVVの3つの要素のうち、1つの要素が抜けてしまうと、スローガンもぼやけた仕上がりとなるので注意しましょう。

    社内外へのブランディングと一貫性を持たせる

    スローガンは企業のアピールとなるため、ブランディングも考えることが必要です。すでに企業として社内外のブランディングが確立している場合なら、スローガンを作る際に一貫性を持たせることを意識しましょう。

    例えば、企業のイメージカラーやロゴがブルーなら、スローガンの文字をブルー系を選んだり、ほかにもエネルギー系を売りにしているなら、暖かさを感じるスローガンにしたりするなどを意識しておくと、ブランディングと一貫性を持たせることがができます。

    利益だけを意識しない

    スローガンを作る際に、意識しがちなのが利益ことです。利益を追求しすぎると、的外れなスローガンになる可能性もあります。あくまでもテーマとターゲット、社内外のブランディングを第一に考えながら、スローガンを決めていきましょう。

    わかりやすい表現や良い言い回しを意識する

    良いスローガンは、企業と利用者または購入者の距離を縮めます。例えば、小林製薬株式会社の「“あったらいいな”をカタチにする」というスローガンは、顧客に寄り添った表現といえるかもしれません。スローガンを作る際には、自分がいち利用者または購入者になりきって、わかりやすい表現か良い言い回しかをジャッジしましょう。

    独自性があるか

    スローガンを掲げるには、独自性も考えましょう。競合他社と似たようなスローガンにしてしまうとインパクトも薄くなるのはいうまでもありません。どのようなワードがスローガンに多いなどをリサーチしましょう。

    未来志向、長期的に使えるもの

    プロ野球といったスポーツチームは、毎年戦略に変更があるという理由から、毎年スローガンを変えていますが、企業のスローガンを毎年変えてしまうと自社のブランディングが十分できないケースが発生します。企業とスローガンをセットで定着させるにも、未来志向があり、かつ長期的に使えるスローガンを考えましょう。

    スローガンを浸透させるポイント

    従業員に向けてスローガンを浸透させるには、企業の担当者は何らかのアクションをかけましょう。浸透させるポイントは次のとおりです。

    決定プロセスを公開し、スローガンの理由を明確にする

    従業員になかには、「どうしてそのスローガンに至ったか知りたい」という人も少なからずいます。問い合わせがあった場合を想定して、明確な理由をきちんと伝えられるようにしましょう。

    経営者がスローガンを意識したメッセージ発信を行う

    企業によっては経営者がカリスマ的な要素を持っているというケースもあるかもしれません。このような企業の場合なら、経営者からスローガンのコンセプトなどを伝えられるような仕組みを考えてみても良いかもしれません。

    社内報および社内チャットでをアナウンスする

    社内でスローガンを知ってもらうには、社内報の掲載をかけたり、社内チャットで連絡すると良いでしょう。一度きりのアナウンスでは、認知度が上がらない可能性があるので、定期的に知らせるのがポイントです。

    SNSの配信やマス層への広告などで使う

    スローガンの浸透は、社内だけではありません。企業の公式SNSやPRTIMESといったマス層へ向けての発信も有効的です。社外の人たちにささるスローガンだった場合、注目の的を浴びるので、社内にもスムーズに浸透できる見込があります。

    参考にしたいスローガンの企業事例

    こちらの章で紹介する全国15社の企業のスローガンは、顧客や消費者、市民のより良いつながることをコンセプトにしています。なかには、節目の年にスローガンを一新した企業、災害復興や未来への思いを込めたスローガン掲げた企業もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

    できかける人を、ほほえむ人へ。|株式会社西武ホールディングス

    出典:グループビジョン|株式会社西武ホールディングス

    株式会社西武ホールディングスのスローガンは、鉄道や観光、球団などの人が行き来するサービス事業を展開しているため、「出かける人」を軸としています。新しい感動や喜びに出会って欲しいという思いが伝わるスローガンです。

    ほかにはないアンサーを。|オリックス株式会社

    出典:ブランドスローガン|オリックス株式会社

    オリックス株式会社は、顧客の要望にきちんと応えられるよう、従業員が最後まで考えぬき、新しい「こたえ」を生み出そうとする姿勢で取り組むことを目的としています。引き出しの多さをアピールしたスローガンといえるでしょう。

    ”もったいない”を価値へ|株式会社クラダシ

    出典:株式会社クラダシ

    株式会社クラダシは、社会問題化しているフードロス食品の解決と有効活用を目的としたプラットフォームを運営しています。スローガンにも「もったいない」と入れているので、社外の人にも事業のことがわかりやすく伝わっているのがポイントといえるでしょう。

    子どもたちの、最高の伴走者でありたい。|株式会社希学園

    出典:難関国・私立中受験専門スーパーエリート塾 希学園

    希学園は、関西と首都圏で展開する中学受験専門の塾です。スローガンの特徴は、子どもたちの明るい未来が拓けるよう、全力でサポートする思いが込められています。

    起業家のいちばん近くに|ジャフコグループ株式会社

    出典:ジャフコ グループ株式会社

    ジャフコグループ株式会社は、2020年10月1日にコーポレートロゴを変更するタイミングで、スローガンを一新しました。起業家たちの「志」を実現させたいという、企業の思いが溢れているスローガンといえるでしょう。

    Life’s Good|LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社

    出典:LGエレクトロニクス・ジャパン

    LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社のスローガンには、コロナ禍で「家にいなきゃいけない」という考えを払拭し、「家にいたい!」と感じさせる空間を導きたいという願いを込められています。スローガンの頭文字が、社名の「L」と「G」の大文字で揃えている点もポイントです。

    咲かせよう、まだないキレイを。|株式会社ウテナ

    出典:スキンケア・ヘアケア・基礎化粧品のウテナ

    株式会社ウテナでは、消費者の方が自分ではまだ気づいていない視点や発想によって、新しい「キレイ」を咲かせたいという思いを込めたスローガンとなっています。

    つなぐ、まもる、いどむ|大阪ガス株式会社(Daigasグループ)

    出典:使命と目指す姿|企業情報|大阪ガス

    大阪ガス株式会社のスローガンは、人々が安心して豊かな生活や、便利で快適な生活だけでなく、災害が起きてもガスといったエネルギーを通じて社会や経済が維持する強い願いを込めています。

    ‘なんかいいね’が あふれてる|南海電気鉄道株式会社

    出典:南海ブランド|南海電鉄

    南海電気鉄道株式会社は、明るい未来に向けて人とまち、そして暮らしに「なんかいいね」があふれるような沿線づくりができるよう努めています。社名をスローガンとしてさりげなく入れている点が、ユニークでありポイントといえるかもしれません。

    とどけ、元気。つづけ、元気。|株式会社富士薬品

    出典:富士薬品グループ、スローガン策定 「とどけ、元気。つづけ、元気。」 ~2030年の創業100周年に向けて~|株式会社富士薬品

    株式会社富士薬品は、2030年の創立100周年に向けて2021年5月にスローガンを一新しました。このスローガンには、「人生100年時代」を生きるすべての人が元気な生活を支えたいという思いを込めています。

    REACH BEYOND|ミズノ株式会社

    出典:REACH BEYOND|ミズノ

    ミズノ株式会社のスローガン「REACH BEYOND」は、2018年11月に掲げられました。「いつも、その先に向かっていく」といった企業の姿勢を表すとともに、スポーツをする人たちが目標に達するだけでなく、その先へさらに進もうとするプロセスをサポートするブランドでありたいという願いが込められています。

    ALWAYS FLY TOGETHER|株式会社ジャムコ

    出典:コーポレート・スローガン|企業情報|株式会社ジャムコ

    株式会社ジャムコのスローガンを掲げた目的は、航空機シート事業への参入だけでなく、これまで培ってきた技術を結集しながら、乗客に新しい空間を届けることです。

    あったかいをつなぐ|四国石油株式会社

    出典:会社概要・沿革|四国石油株式会社

    四国石油株式会社のスローガンは、主力エネルギーである石油・ガス・電力と一緒に、取扱っているすべての商材および事業において、顧客に真摯に向き合いながら快適なライフスタイルを提供するという考えのもと作成されました。

    生きるを、しなやかに|キューサイ株式会社

    出典:「青汁だけの会社」というイメージから脱却! 創業55年目を迎え、ロゴとコーポレートスローガンを刷新

    キューサイ株式会社は、2019年10月にスローガンを変更しました。強さとともに、どんなときでも柔軟に生きられる「しなやかさ」を顧客に提供することを目的としたスローガンとして位置づけられています。

    御万人(うまんちゅ)ぬくくる 首里城|イオン琉球株式会社

    出典:首里城復興支援|イオン琉球株式会社

    イオン琉球株式会社では、スタンダートな企業が掲げるスローガンとは異なりますが、2019年に世界遺産である首里城の大火災に伴い、「イオン首里城復興支援プロジェクト」を発足しました。

    その際に琉球ことばのプロジェクトスローガンを掲げています。ちなみに「御万人(うまんちゅ)ぬくくる」というのは、みんなの心を意味しています。あえて琉球ことばのプロジェクトスローガンにすることで、地元を愛でる心が伝わってくるかもしれません。

    社内だけでなく社会にも目を向けて共感できるスローガンをつくろう

    共感できる企業スローガンを掲げるには、テーマやターゲットだけでなく、MVVやブランディングなどを考える必要性があります。スローガンの作成を担当する人は、相手目線(※ここでは顧客や利用者、消費者など)で考えることも意識しましょう。

    そして、スローガンを社内にも発信することで、従業員のモチベーションをアップさせる効果もあり、なかには「この会社を自分たちの手で良くしたい」という意識が芽生えるかもしれません。

    最終的に「このスローガンは、あの企業!」と多くの人たちが、すぐ認識できるようスローガンを作れるよう、こちらの記事を参考に考えてみてはいかがでしょうか。

    編集部おすすめ無料ダウンロードコンテンツ  50社以上の行動指針を一つのシートにまとめました!   * 他の企業はどんな行動指針を作っているの?   * 企業別の行動指針・企業理念・ミッション・ヴィジョンが知りたい   * 自社の行動指針をつくるときに参考となる資料がほしい お役立ち資料を無料ダウンロード

    メールマガジン登録はこちら

    週に1度、最新情報をまとめてお届け!

    • 働き方に関する最新トレンド 
    • オウンドメディア「おかんの給湯室」の最新記事 
    • OKAN主催のセミナーレポート
    • 健康経営や従業員満足度向上などのトレンド

    個人情報の取扱い

    プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせ下さい。