オフィスに惣菜自動販売機?オフィスコンビニ型社食で健康経営・働き方改革を!

    公開日 :

    更新日 :

    目次

    企業内に設置した冷蔵庫にお惣菜やご飯を常備することで、いつでも手軽に食事が取れるサービス「オフィスおかん」は、多忙な従業員を抱えた多くの企業で導入されています。

    「時間帯を選ばずいつでも美味しい食事をとることができ、従業員の食に対する意識もおかんを通じて向上しました」と、担当者・利用者から好評です。また、健康経営®︎にも活用されています。

    今回は、オフィスおかんの大型プランである「自動販売機プラン」について、通常プランとの違いもあわせてご説明します。

    ※「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

    オフィスコンビニ型の社食の導入増加中!  1品100円※で、24時間いつでも食事を提供できる「置き型社食︎」のオフィスおかん。  普段の食事補助だけでなく、人材定着、従業員満足度向上などの目的で全国で導入されています。    ※100円は想定利用価格です。 ※「置き型社食︎」は株式会社OKANの登録商標です。   「オフィスおかん」の詳細をみる

    従業員への食のサポートが見直されている背景

    image2-Dec-07-2023-12-53-25-6203-PM

    働く社員の健康管理が、モチベーションアップや生産性向上に寄与するという考え方が、広く認識される時代となっています。

    このような背景を受け、健康経営銘柄の選定を受けるために対応が必要な「健康経営度調査」の回答企業数は、2014年度の493社から、2017年度には1239社と約2.5倍に増加しています。

    出典:「健康経営の推進について」(経済産業省)(https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/kenkokeiei_gaiyo.pdf)(2023年11月22日に利用)

    厚生労働省の唱える健康づくりの3要素である「栄養(食事)」「運動」「休養(睡眠)」のなかでも、「食事」は働く方々にもっとも身近で、満足度を向上させるために重要な要素です。ここに着目して従業員の食環境の改善を推進する企業が増えています。

    また、マンパワーグループが2015年に行った調査によると、実際にあった福利厚生でよかったと思うものの1位が昼食補助でした。また、会社の福利厚生として良いと思うものとしても、食事補助が2位という高い結果になりました。いかに食事の補助が求められているのかが分かります。

    (参照:マンパワーグループ「人材サービス最新情報 福利厚生の人気は「住宅手当・家賃補助」48.3%、「食堂、昼食補助」33.9%(https://www.manpowergroup.jp/client/jinji/150422_01.html)」『人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ』、記事更新日:2015/4/22、引用日:2023/8/23、調査主体:マンパワーグループ、調査対象:過去・現在において仕事をしたことがある18~60歳の男女を対象として972人に実施したアンケート調査、複数回答可、集計計測期間:2015年3月。)

    オフィスおかんって?

    オフィスおかんは、食の福利厚生サービスとして注目を集めています。

    専用の冷蔵庫や自動販売機を設置することで、美味しいお惣菜をいつでも1品100円※で食べることができる全国対応の置き型社食®︎サービスです。

    提供するお惣菜は、管理栄養士が監修*し、製造パートナー企業と開発した商品や、調達パートナー企業と選定した商品です。“手軽でおいしい”と“栄養バランス”が両立した食事を摂りやすい、働く人を想った商品ラインナップで毎月のメニューを構成しています。

     *レシピ等の内容や商品の選定の監督・指示を行うこと

    食のサポートだけにとどまらず、「健康経営」「従業員の満足度向上」「社内コミュニケーション活性化」「オフィス環境改善」「女性活躍支援」「人材定着」「新卒・中途採用促進」など、企業が抱えている多くの課題を解決する新しいアプローチのツールとして、業種・規模問わず多くの企業で活用されています。

    オフィスおかんの概要を知りたい方は下記の記事をチェック
    オフィスおかんの評判・料金・提供エリアは?導入事例や効果を徹底解説

    ※100円は想定利用価格です。
    ※「置き型社食®︎」は株式会社OKANの登録商標です。

    オフィスおかんをもっと知る!

    どこで使えるの?

    全国対応です。首都圏エリア(東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の主要都市)は、専用スタッフがお届けおよび管理を代行し、その他のエリアはクール便でお届けします。 ※首都圏エリアは離島を除く(※ 2023年9月11日時点)

    費用は?

    従業員は、1品100円※から購入が可能です。

    ご飯+主菜1品+副菜2品で400円のおかん定食として使うのもよし、おにぎりを持ってきて、主菜+副菜の200円で済ませるのも可能です。

    ※100円は想定利用価格です。

    どんな企業が利用しているの?

    従業員数10名未満から10万名超まで、幅広い業界・業種の企業に選ばれています。(※ 2023年7月時点での集計、2023年7月までにご導入実績のある企業の法人単位での従業員数)

    オフィスだけでなく、クリニックや美容院、商業施設や工場など、「働く人」のいる様々な場所で導入されています。オフィス向け自販機プランは、約120名ほどの企業からご利用いただいています。

    オフィス向け自販機プラン利用者の声

    実際に自動販売機プランを利用している企業にお話を聞きました。

    株式会社はくばく

    image6-4

    食堂設置が難しい拠点でも、食の支援をしたいという思いからオフィスおかんを導入。社員食堂がある拠点と設置が難しい拠点があり、不平等が生じていました。また、「健康経営」にも取り組んでいたこともあり、食事環境を整えたいとも考えていました。

    オフィスおかん導入の決め手として、オフィスの中に設置できること、従業員にとってリーズナブルな所がポイントでした。外食できる環境はあるのですが、コスト的にも時間的にも従業員の負担になっていたからです。

    その結果、食堂設置が難しい小規模の営業所や工場でも食事支援が可能になりました。それだけではなく、目につく所にある利便性の高い食事手段が、健康に配慮されたオフィスおかんのお惣菜になったので、自然と食習慣が改善されているイメージがあります。健康を気にしている従業員は、魚をよく選んでいるようですね。

    オフィスおかんの口コミが知りたい

    実際に使っている利用者の口コミは知りたいですよね。そこで、オフィスおかんを愛用している企業の声を集めてみました。導入企業の従業員からのリアルな声となっています。

    他の導入事例を見る

    快適なオフィスライフのために

    オフィスおかんは、企業が抱える様々な問題を解消し、潜在的なニーズを満たすために効果的に使われています。従業員満足度も94%(※1)、継続率96%(※2)と非常に高く、多くの方に評価を頂いているサービスです。

    皆様も、より良い環境でより自分らしくイキイキと働くためにオフィスおかんを活用してみてはいかがでしょうか。

    (※1 調査主体:株式会社OKAN、調査対象:導入企業を対象として9社135名に実施したアンケート調査、単一回答、集計計測期間:2021年3〜5月。)
    (※2 調査主体:株式会社OKAN、調査対象:2021年3月ご導入拠点53社における初回の契約更新率実績、集計計測期間:2021年6月。)

     
     
    いつでも食事を提供  置き型社食︎のオフィスおかんは、47都道府県で導入済みです。  ※「置き型社食︎」は株式会社OKANの登録商標です。 ※2022年12月時点の累積導入実績   オフィスおかんのサービスを詳しくみる

    メールマガジン登録はこちら

    お役立ち情報をまとめてお届け!

    • 働き方に関する最新トレンド 
    • オウンドメディア「おかんの給湯室」の最新記事 
    • OKAN主催のセミナーレポート
    • 健康経営や従業員満足度向上などのトレンド

    個人情報の取扱い

    プライバシーポリシーに同意の上お問い合わせ下さい。